ノッティンガム・トレント・アートスクール NTUサイトへ
スクール・インフォメーション 英語&アクセスコース 学部課程 大学院 出願方法 アートスクールトップへ
学部課程
入学基準
学部課程コース一覧
資料請求・お問合せ
 

入学基準

ノッティンガム・トレントアートスクールは、様々な資格や経歴を持った出願者から願書も受け付けています。各コースに必要な資格は、学部課程コース詳細のページに明記されています。学部課程(Undergraduate Studies)に出願するためには、日本の大学入試センターに似たUCAS(Universities and Colleges Admission Services)という機関に願書を提出する必要があります。UCASの願書は、ノッティンガム・トレント大学の出願窓口から入手することができます。

UCAS を通しての出願は少し複雑になっておりますので、ぜひ一度出願窓口にご相談ください。
アート&デザイン系のUCASの出願には、ルートAとルートBの2種類の申し込み方法がります。A・B両方のルートで同一のコースに願書を提出することはできません。両方のルートを利用して申し込む場合、まずルートAを選択し、特別欄に印をつけてルートBも利用することを示します。その後、ルートBで選択した志望校をUCAS補完願書に希望する順番で記入します。

ノッティンガム・トレントアートスクールは、ルートAまたはルートB、またはA・B両方のルートを利用する出願者からの申し込みを受け付けています。本学では基本的には学生の選択に関して中立的スタンスを取っていますが、上記の点にご留意ください。

本学の実習コースに関しては、大半の出願者が1年間のFoundation Course in Art and Design または2年間のArt & Design Diplomaコースを修了し、ポートフォリオを持っているのが一般的です。選考はおもにこのポートフォリオと面接に基づいて行なわれます。

ポートフォリオには興味の広がりや深みが現れていることが望まれます。完成した作品の他にスケッチブックやノートブックも含む必要があります。ポートフォリオの評価は、出願者のリサーチや分析の能力、発想の範囲、プレゼンテーション、美術やデザインに対する心構えに基づいて行なわれます。出願者は理論を習得する能力があることを示すためにレポートを提示する必要があります。

面接のためのポートフォリオを作成する際には、題材を選び過ぎず、また同じような作品を含まないようにします。出願者は面接中に作品やその作成過程について説明できなければなりません。ポートフォリオを使って工程を示す系統的なプレゼンテーションを行なうと説明しやすくなります。

● 入学基準

  • 留学生の場合は、IELTS 6.0以上。
  • Foundation Course in Art and Designを終了していること。
  • 本学のBA Coursesは全てUCAS(University and Colleges Admissions Service)を通して願書を受け付けています。UCAS経由で申し込む方法にはAとBの2つのルートがあります。学生は以下の方法を選択できます。
    ☆ ルートAのみで申し込む
    ☆ ルートBのみで申し込む
    ☆ AとB両方のルートで申し込む(合計6校まで選択可能)

UCAS を通しての出願は少し複雑になっておりますので、ぜひ一度ノッティンガム・トレント大学の出願窓口にご相談ください。


PAGE TOPへ

| 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 |
Nottingham Trent University Japan Office
Copyright © 2009 beo, All Rights Reserved.